スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
話し合い報告 2016.01.08 (金)
要請書に対し静岡市当局が誠意ある回答

「殺処分を安楽死と発言したことは不適切でした」

「ガイドライン目標の平成35年度までに殺処分ゼロをめざす」

「地域猫モデル事業は1年間継続し、28年の夏までに現在の制度を見直したい」

「公園の野良猫の現状を調査し、できることから前向きに考えたい」

「不妊手術費用の市民負担削減問題は引き続き協議する」



   



「人と猫の会」は結成総会で確認された5項目の要請書を10月28日に静岡市に提出し、11月4日に藤波動物指導センター所長、12月11日に塩澤保健衛生部長、岩崎公園整備課長と話し合いを行いました。
要請行動では延べ23人が参加し全員が自己紹介を兼ねてこれまでのTNR活動や地域猫活動、多頭飼い問題などに対する活動について話し、その後、静岡市の回答を聞きました。

冒頭、保健衛生部長から
「皆さんの取り組みには頭が下がります。殺処分を900台まで落としてもらいました。」「猫も命ですので、私たちも殺処分をしたいわけではない」
と発言がありました。

話し合いでは静岡市当局から
「殺処分を安楽死と発言したことは不適切でした」
「(ガイドラインの)平成35年度までに殺処分ゼロをめざす目標は変更されていません」
「あくまでもガイドラインが目標です」

と正式な回答がありました。

平成28年4月に終了する「地域猫モデル事業」について、
「来年1年間は現在と同じ形でやりたい」
「28年の夏までに、現在の制度を見直したい」


公園整備課長からは
「公園は市内に500か所ある。公園ごと猫のボランティアの状況も違うと思われるので、まず、大きな公園から猫とボランティアの現状を調査してみたい。できることから前向きに考えたい、その際皆さんのご協力をお願いしたい」
と回答がありました。



平成27年4月から野良猫の不妊手術に対する市民負担が3,000円づつ引き下げられましたが、他都市と比較して静岡市の市民負担額はまだ高額であり、野良猫を減らし、殺処分頭数を減少させるためには、更に市民負担を引き下げること―の要請については引き続き協議していくことになりました。

なお、11月4日の要請行動で動物指導センター所長から次のような発言がありました。
「皆さんが個人で頑張っていただいている。ほんとうに有り難いことだと思います。行政が今まで、皆さんが頑張っている現状についていけなかった。」
 「皆さんが出された要望は数々ありましたが、短期的にできることもありますので、我々は即座に対応していきたいと思います。ただ、財政的な面で我々の意志だけではできないところもあり、時間はかかりますが少しでも前進できるよう考えています。」
「皆さんの活動を、できるだけ支援できるところは支援していきたい」

と発言がありました。


【要請行動話し合い】
2015年11月4日 10:30~11:4 静岡市動物指導センター
2015年12月11日 10:00~11:30 保健福祉エリア総合複合棟第3会議室



   




今回の要請行動で話し合いにそれぞれ参加していただいた述べ23名の方のお話しは、少人数(またはひとり)で現実に野良猫問題と向き合い戦ってきた方の生の声であり、身内を褒めるようではありますが、感動的で胸が震えるようなお話しばかりでした。

動物指導センター所長、保健衛生部長、公園整備課長、その他その場で話しを聞いた方々の気持ちを大いに揺さぶったことと思います。
また同じように少人数で活動している私達にも、大きな勇気を与えてくれました。




「人と猫の会」ではこの貴重な活動実績を皆さんと分かち合い、問題解決のヒントに、または先陣を切って行動した地域の成功例を参考にしていただきたいため、「野良猫問題の市民講座」を開催します。


「3/6 町内のための野良猫対策セミナー」


開催日は2016年3月6日(日)です。
お友達やご近所で野良猫問題でお困りの方がいらっしゃいましたら、是非教えてあげてください。
詳細についてはこちらのブログ内で追ってご案内致します。





野良猫を減らし、殺処分ゼロを実現すためには多くの皆さんの継続的なご支援とご協力が必要です。
引き続き応援よろしくお願い致します。
スポンサーサイト
ブログを見て下さっている皆様、更新もないままあっという間に新年が明けてしまいました。
今年も静岡地域猫運動連絡会のご支援よろしくお願いいたします。

昨年からのO地区のパイロット事業(地域猫活動)も大成功に終わりそうです。
何よりも地元の方の賛同や協力を思いのほかたくさん戴けたのが本当にうれしかったです。

これをつなげて、来年度はもっとたくさんの地域で活動がなされるとうれしいです。

地域猫活動のモデルプランやガイドラインの最終決定について、助成金について等々、静岡市保健福祉子ども局 保健衛生部長とお話しする機会に恵まれ、1月15日葵区役所14階に行ってきました。

部長はとても気さくな話しやすい方で、動物福祉についての資料もよく見て下さっている様でした。
話し合いは30分の予定が1時間に延び、有意義な会合だったと思います。

差し迫っては、パブコメ意見を踏まえて、より良いガイドラインとするよう今月末の会議があります。
少しづつですが、猫の処分を減らしたい、ゼロにしたいという皆様の想いを形にしてもらえるように今年も頑張りたいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。