スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
助成金制度改善に向けて 2016.02.26 (金)
今年度(平成27年4月~28年3月)の野良猫不妊手術の助成金予算がすでになくなり、動物病院で手術費用の全額負担を求められた、という話しをちらほら聞いています。

今年度は前年に比べて市民負担を3000円引き下げることに成功しましたが、けしてその分が市の予算を食ってしまったわけでなく、3000円引き下げ分は市と獣医師が追加で負担してくれることになっているため、前年と同じだけの頭数を賄えることになっています。
つまり今年度はそれだけたくさんの不妊手術が行われた計算になります。



今回、この「助成金の突然の打ち切り」について焦点をあて、以下のような要請書を提出することとしました。     



静岡市保健福祉局長        村岡 弘康 様
保健福祉局保健衛生部長     塩澤 方敏 様
都市局都市計画部公園整備課長 岩崎 正記 様
動物指導センター所長        藤波 一彦 様
                                     人と猫が穏やかに暮らす街をめざす会
                                     (元 静岡市地域猫運動連絡会)
                                       会 長  小 泉  勇



                               要 請 書


 貴職が市民の安全・安心で快適な市民生活のため動物行政の推進にご努力をいだいていることに敬意を申し上げます。
 
 平成25年に「人と猫が穏やかに暮らせるためのガイドライン」を制定し、その後「静岡市地域猫活動モデル事業準備事業補助金交付要綱」の制定や平成27年4月から不妊手術費用の市民負担を軽減する改善措置などが行われた結果、猫の殺処分頭数は平成17年の2,639頭から平成27年には913頭と約3分の1に減少させることが出来ました。
このような成果は行政当局のご努力と共に市民、ボランティアの日々の献身的な努力と自治会及び獣医師などの理解と協力によるものだと思います。
しかし、このように野良猫を減らす市民や自治会の活動が広がり新たな様々な取り組みが進み始めた今年2月から、事前に連絡もなく突然一方的に野良猫の不妊手術費用が全額市民負担となり、これまで7,000円だったメス野良猫の避妊手術費用の市民負担額は30,000円前後と4倍以上になり市民や自治会等では戸惑いと共に怒りの声が上がっています。
行政当局は「今年の予算が無くなったのでしょうがない」「獣医師会の行っている事業に補助金を拠出しているので獣医師会の問題であり行政は口を出せない」などと発言しています。

しかし、今回のような突然の「補助金打ち切り」により市民や自治会では野良猫を捕獲するために一定期間は餌やりを行い馴らしてからせっかく捕獲しても、手術するために30,000円前後の手術費用が負担できない時には再び屋外に放すか、自宅等で保護飼育するしかない事態になっています。
一度捕獲した野良猫を屋外に放すと再び捕獲することはほとんど困難になります。また、捕獲した野良猫を4月の新年度まで自宅等で保護飼育して新年度予算で補助を受けようとしても現在の「獣医師会の要綱」では「飼い猫」として扱われて補助金の対象にならず全額自己負担になってしまいます。また、このように来年度の予算で手術を行うと来年度は今年以上に早く予算が無くなることが予測されます。

野良猫の不妊手術は継続して実施することが重要であり、今回のように2月3月の繁殖期を前に捕獲・手術を中止すると野良猫を減らす事業が一時的に後退し、野良猫が増えてしまい、これまで投じた税金が無駄になってしまいます。
不妊手術事業は継続的に適切に行えば年々野良猫は減少し、市の財政負担は今後徐々に減額されていきますが、今回のような事態を放置しておくと再び野良猫が増加して財政の無駄遣いとなってしまいます。

このような異常で不合理な事態を早急に解決し、財政の無駄遣いをやめて、ガイドライン目標の「野良猫を減らし、殺処分ゼロをめざす」活動を中断させず更に前進させるために次のような措置を早急に行うことを要請します。


                                   記

1.2月3月及び4月の発情期・繁殖期を前に補助金による不妊手術が継続できるような緊急的な財政処置等を行ってください。




====================


それに付随して、一体今年度何頭の不妊手術が行われたか等、数値の把握もして、今後データをとって行けたらいいと考えています。




スポンサーサイト
活動目標 2016.02.16 (火)
1月下旬より順次、地域猫連合会からの会員の皆様には、会の名称を新たに結成しましたこと、またそれまでの経緯等活動報告とともに、 3月6日の「のら猫セミナー」のチラシと「人と猫の会・入会のお願い」も同封し郵送させていただきました。



すでに入会いただいておりました皆様にもすべて同じ内容で発送させていただきましたこと、お詫び申し上げますとともに何卒ご容赦願います。



「人と猫の会」は平成27年10月に再結成し、10月から翌年9月を会期年度と致します。
会に入会していただくことで、会を賛助していただくことになります!
当面、次のような内容で活動をすすめて参ります。

どうか応援よろしくお願い致します!




今後の協議事項

○3月6日「のら猫セミナー」開催

○「不妊手術補助金交付金制度」の市民負担の更なる引き下げ

○「地域猫モデル事業」の延長と内容の見直し改善

○公園や公共施設の地域猫活動について市当局との協議会設置





=============================


「のら猫対策セミナー」
日時 : 2016年3月6日(日)
       13時30分~15時30分
会場 : 静岡県総合社会福祉会館(シズウェル)
       7階703会議室

           葵区駿府町1-70  電話 054-254-5221

≪内容≫
・実践的な取り組み紹介
・のら猫対策の進め方
・トラブル相談会
・パネル展示 など

後援/静岡市  静岡市獣医師会  静岡市自治会連合会 


*会場費・資料代500円
*申し込み不要  直接会場へお越しください 




地域猫セミナー 2016.02.13 (土)
「のら猫対策セミナー」
日時 : 2016年3月6日(日)
___ 13時30分~15時30分
会場 : 静岡県総合社会福祉会館(シズウェル)
___ 7階703会議室

           葵区駿府町1-70  電話 054-254-5221


ご近所に野良猫が増えている場所はありませんか?
猫の糞尿、泣き声、餌やりで困ってはいませんか?

市内でもいち早く野良猫問題に手をつけた町内会などの“殺さないで減らす”先進的な取り組みを、
成功例を交えてわかりやすくご紹介します。




≪内容≫
・実践的な取り組み紹介
・のら猫対策の進め方
・トラブル相談会
・パネル展示 など

後援/静岡市  静岡市獣医師会  静岡市自治会連合会 


*会場費・資料代500円
*申し込み不要  直接会場へお越しください 



※新静岡セノバから徒歩10分、お車の場合、市民文化会館地下駐車場が最寄りパーキングになります。 




ポスターにもなるチラシを市の公民館等に置いてあります。
ご自由にお持ちください。
また、ご近所、お友達をお誘い合わせの上、多数ご参加ください。


のら猫対策は早ければ早いほど有効です。
のら猫を減らしてご近所のトラブルを解決しましょう!!!







主催/人と猫が穏やかに暮らす街をめざす会(人と猫の会)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。