スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次に静岡市独自のガイドラインの内容について細かく触れてみます。

ガイドライン(指針)は次の3つの特徴で明らかなように全国的にも画期的で素晴らしい内容だと思います。

第1の特徴
他都市のガイドラインやマニアルでは「猫問題」は、飼い主や猫好きの市民のモラルの問題として捉え「不妊手術をしましょう」「ルールを守りましょう」と呼びかけているところがほとんどで「猫問題」の解決が進んでいません。
しかし、静岡市のガイドラインは猫問題を、猫好きのモラルや動物の愛護問題としてだけに捉えるのではなく、「地域の生活環境問題」として位置づけていることが特徴です。

第2の特徴
猫問題は地域の生活環境問題であり、行政が住民の理解と協力を得て自治会と連携して取り組む課題であるとしていることです。
「猫の問題は地域の生活環境の問題としてとらえ、地域住民の理解を得て、自治会(町内会)と連携して、飼い主のいない猫を地域でルールと役割を決めて世話をする「地域猫活動」に向けて支援を行います。」「地域猫活動を広げるために地域と行政が協働で行う地域猫推進事業の検討を進めます」としています。(本文より)

第3の特徴
「静岡市は、10年後の平成33年を目標として、猫によるさまざまな問題や殺処分と成る猫を減らし、そしてそれが無くなる日をめざし、市民も猫も穏やかに暮らせる街にする」と目的(静岡市の基本的な考え方)で述べているように達成年度を明らかにして「猫の殺処分ゼロ」をめざすことを明らかにしています

静岡市はこのガイドラインをより良いものにするために市民から意見提出を求めるパブリックコメントを募集しています。


市民の皆様!意見を静岡市に寄せましょう!!

※「ガイドライン案」と「応募用紙」は上記でリンクしました「パブリックコメント」の「閲覧資料」に添付してあります。

なお、静岡市動物指導センターや各支所などにも置いてあります。

※ ※E-mail での提出はこちら

※昨日のブログにあります、ガイドラインを解りやすく解説する12月1日(土)午後1時30分からの「市民の意見を聞くつどい」に是非おいでくださいね!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tiikineko.blog.fc2.com/tb.php/38-3ed0a87a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。