スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
助成金制度改善に向けて 2014.06.19 (木)
少し前ですが、ブログに次のようなコメント(ご意見)がありました。
アドレスが添付されておりませんでしたので、貴重なご意見ですのでご紹介させて戴き、次項に地域猫運動連絡会からの意見を添付させて戴きます。

まず、私も猫が好きで、不幸な猫がいなくなることを望んでおります。
また、貴団体の活動を批判する気はないことを御理解ください。一方的になってしまいますが、申し訳ございません。

陳情書の説明書、静岡市のHP及び県内市町村のHPを見た限り、今回のボトルネックは、静岡市内の手術費が高額であることに尽きると思います。
静岡市の補助金額だけみると、県内で一番手厚くなっていると思われるため、市としては、これ以上市民の税金を投入することは躊躇すると思います。なにより市民に納得のいく説明ができないと思います。全国的には補助を廃止してる市町村もあるようなので。

そうなってくると、静岡市内の手術費用がなぜ高いか。
貴団体の主張だけをみると、獣医師会を通しているからと読めます。
ただ、陳情どおり、個々の獣医師から市への直接補助を実施は以下の2点から現実的ではないと思います。

1 市の人件費が跳ね上がってしまう点
今までは、獣医師会の補助金支出が適正かを検査すればよかったものが、個々の申請(予算的に最低747件)を検査しなくてはならないため

2 検査基準が厳しくなる点
市が個々の補助金申請の検査を行うことになり、個々の獣医師で解釈にばらつきがある基準で、最も固い基準が標準が採用されると思われるため。
税金を使う以上、補助対象であるという説明責任が必須となると思われるからです。

静岡市と同じ政令市の浜松市での取り組みは、うまく情報収取ができなかったので、間違いかもしれませんが、NPO法人が間に入って間接補助を行っているようです。

行政は、人も増やせない、かといってずさんに補助金は支払えない。
となってくると、間にチェック機能をもった公益団体が必要になってきます。
静岡市は現在、その団体を獣医師会としていると思われます。

ようするに、それに代わるチェックができる団体があれば、市も制度を変えることが検討できるとおもいます。

勝手を申し上げて申し訳ございませんが、貴団体がその資格を得る団体となることが近道のような気がします。
ただ、NPO法人化はおすすめできません。
NPO法人は、事務処理能力から年々、行政の信用を失っているようです。

やるなら一般社団法人をおすすめします。

一方的でもうしわけございません。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tiikineko.blog.fc2.com/tb.php/55-717f4615

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。